高校の授業料無償化と言う事になっているけど、義務教育じゃないので授業料以外の費用が結構かかる

日常系

さて4月ももう目前ですね、新しいことが始まる季節です。

入学シーズンでもありますが、何年か前に決まって、今は高校の授業料だけは無料になったので高校進学が楽になったと思っている人は多い気がします。

しかし基本的に、毎月支払っていた毎月の授業料だけが無償化されたので、他の費用は全く割引もされずに存在しているのです。

他にかかる費用は以下のようなものがある

中学校までは、かかる費用と言ったら制服や体操着や上履きや給食の時に着る服代、給食費とPTA会費と都度欲しい人だけ払う写真代程度で、これらの中では中学校の制服代以外はそんなに高額な支払いにならなくて、他は学年が変わったり体操着のサイズが合わなくなったりした時だけ費用がかかっていたと思います。

高校も同じ様な感じですが、教科書代は義務教育では無いのでがっつり支払いますし、他の教材にかかる費用や英検などの検定を全員義務で受ける場合の検定料金など、学校で使うであろうすべての事に費用が掛かるので、入学する時に支払う金額はかなりの額になるのです。

国公立の高校では入学金は非常に安く済みますが、これが私立の高校ともなると授業で使うモノの支払い意外に高額の入学金も支払わなければならなくなるので、あまりお金の無い家では入学するのも大変になって来るのです。

ただ、最近は私立高校の入学にも各家庭医の年収の状況によっては補助金が下りる様になっているので、公立高校とのかかる費用の差が埋まり始めていますが、それでも最初に支払う金額は私立ではかなりお高いと言う事で、公立の高校に進学させたいと言う願望を持っている家庭は多いと思います。

だいたいどのくらい見積もっておいたほうがいいか

因みに、公立高校で入学時にかかる費用は、体操着や学習で使うであろう用品諸々が込みで約10万円になります。

この辺の金額は各自治体の高校によって違うと思うので、あくまでも目安だと認識して欲しいですね。

これは公立の高校の入学時の支払額ですが、私立の高校では更にプラス10万円~はかかると想定して準備しておいた方が良さそうです。

更に、PTA会費やらOB・OG会費と言うのも徴収されると思うのですが、この費用は入学時では無い別の時期に徴収される場合が多いと思います。

また、私服で通う高校なら制服代がかからないので少しお得ですが、制服で通う所となると更に10万円位はかかると思った方が良いので、私立高校は殆ど制服なので入学時に支払う金額は30万円を見積もっておく事をお勧めします。

と言う感じで、まだ子供が小中学生で将来的に高校を受験して合格した時の事は、早めに知って準備しておくと少し気が楽になれると思うので、今からでもしっかり準備しておいたほうがいいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました