新学期や新入社員で新しい場所に通う事になる人は、今までとは違ったキャラ設定でデビューしようとする人は多い?

日常系

それまでの自分は、ちょっと暗くて人見知りでコミュ障で、クラスの中でも影が薄くて存在感が無かったと言う人生を歩んできたと言う人は、結構多そうな気がします。

いわゆる陰キャと呼ばれる人だと思うのですが、確かにクラスでまとまって何かをしようと言うと1~2人余っていたかも知れません。

そうして高校3年間だったり大学時代を過ごしてしまったけど、就職や進学を機に全く違うキャラになって職場や学校デビューを目論んでいる人は今、着々とキャラづくりをしていたりした準備をしていたりするのでしょう。

そして4月1日または大学の入学式以降からは、それ以前の自分を知っている人が驚いて二度見する位に別人?と思われる様なキャラに生まれ変わって新キャラでデビューして、そのまま明るい感じの人生を送って行ってやろうと思っているかも知れませんが、その通りの人生を送れるかどうかは決意の大きさや過去に嫌な思い出が多い人なら実現できると思います。

意外と結構新しい場所では、かなり新しい自分?になり切って人生を楽しんでいる人は多い様なので、これからそれを実現させようとしている人にも出来る事だと思うのです。

ただ注意して欲しいのが、最初の段階で作った陽キャで学生や社員生活を送り始める時は、ある意味一人の役者の様な気分になる気がします。

今までの陰キャを脱ぎ捨てて陽キャになる訳なので、かなりの決意や勇気はもちろんの事、恥も何もかなぐり捨てて挑まなければなりません。

新しい学校や初めての職場で活躍する新しいキャラクターとしての自身は、今までの自分とは別の存在なのです。

別の存在を日常的に演じて自分の新しい性格や個人として確立して行けるようになるには、かなりの時間を要すると思うので、ある程度の覚悟は必要になって来ると思います。

途中で、演技のネタが尽きてしまったり恥ずかしさから逃れられなくなってしまうと多分、それ以前の陰キャに逆戻りしてしまう可能性が高いので非常に注意して欲しいですね。

銚子が悪い時だけ陰キャになり、絶好調の時は陽キャに徹するなどメリハリを付けてみるのも良いでしょう。

とりあえず、本当に今までとは違ったキャラでデビューしようと考えている人は、まずはどの程度までなら大丈夫なのか?のシミュレーションや練習をしっかりして、それから新しいキャラとしてデビューを飾って欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました